オイルは純正

10万キロを超える前は、純正のオイルを入れるということよりも、少々安いオイルで定期的に換えるということにしていました。

そのころ結婚したのですが、まだ転職したばかりでしたし、今ほどのお給料もありませんでした。

純正オイルと安いオイルの値段の差が、ダンナのお小遣いにとって由々しき問題だったのでしょう。

しかし10万キロを超えたあたりにはお給料も上がっていましたし、それに応じてお小遣いも大きくなってゆきました。

それに「乗れるところまで乗ろう」とも決めましたので、純正オイルに統一し、1万キロで交換しました。

5千キロの時に見て、少し減っていたり汚れているときには足していました。

フィルターの交換は、オイル交換2回に1回、必ず交換しました。

オイル交換が、車の寿命をのばすということは、周知のことですよね。

オイルは酸化防止剤が入っています。

この酸化防止剤の効果があるのが、約1万5千キロまでということです。

それ以降になると酸化劣化物を確認できるようになり、3万キロを超えてしまえば粘度が増してしまいます。

ドロドロの度合いが増すということですね。

スラッジなども出来てしまいます。

エンジンオイルの交換時期

そのようなことからギリギリでも1万五千キロで交換すべきですが、なんでも早めに行うことが得策です。

また早めに行っていてもブローバス通路が目詰まりなどを起こしていると、スラッジの増加でストレーナーが詰まってしまい、エンジンが焼けつく危険性が出てきます。

そういうところも。「長持ちさせよう!」と決めた時点で、初めに点検しておきましょう。

一度問題点を洗い出しておくことが大切になるのです。

「ここがスタートラインに決める」というイメージですね。

オイルがきれいであるということは、自浄作用が増しているということです。

なので一度点検して問題点をリセットしておけば、エンジンオイルの交換などによる、ストレートな利益享受が出来るんですよね。

オイルに関してカー用品店などの奨励している交換時期を見ると、3千キロから5千キロが多いようですね。

それが悪いということはありません。

しかし、若干勿体無いかなという気もします。

反対に「3千キロで交換するのはかえってマイナスな行為」という話も耳にしますが、これはウソの情報だと思っていいでしょう。