エンジンオイルの交換時期は1万キロということ

「3千キロで交換するのはかえってマイナスな行為」という話をききますが、これはちょっと間違いかなと思います。

その「3千キロで交換するのはかえってマイナスな行為」といっている理由は、オイルは3千キロでようやく剪段が終わって本領発揮となるので、この時点で帰るとオイルが硬いまま使い続けることになる」というもの。

よってエンジンに余計な負荷がかかって、寿命を早めるよと言っているのでしょう。

「一番風呂は体に悪い」というのに似ていますね。

しかし実際は、そんなこともないんですよね。

3千キロ程度でタッタタッタと変えていた人は、1台目も25万キロ以上走りましたし、2台目も30万キロ近く走って廃車しました。

別に故障したわけではなかったので、乗っていればまだまだ走ったかもしれませんね。

決して早いエンジンオイルの交換が悪いわけではないのです。

3千キロで交換する利点は

ただし、この3千キロ交換が功を奏したかというと、それもわかりません。

それだけエンジンオイルに気を使っている人は、その他の整備も怠っていないものです。

なので総合的に走行距離が伸びる結果をたたき出したということで、「これが!」というたったひとつの理由があるわけではないと思います。

エンジンオイルの交換時期は、早くて5千キロ、遅くとも8千キロと言われていますので、ウチは「気を使っている割に」1万キロなら遅い気がするでしょう。

なぜ1万キロでもいいのかという理由は、通勤に使ってる、そしてその道程が関係していると思います。

街中走行をしていて、またチョイノリなどもしていれば、1万キロでの交換はあまりよろしくなかったかもしれません。

10万キロを越えるあたりで職場も変わったのですが、その道程は車に取って負荷がないものでした。

チョイノリには私の車を使っていましたので、ほぼ通勤にしか使っていなかったのです。

余談ですが、エンジンオイルを交換しないで頑張ってしまった場合、走行距離が伸びていなくてもエンジンが焼き付いてしまうということがあります。

「車検ごとにしか交換しない」という人がいましたが、走行距離は伸びていないのにエンジンが焼き付いていました。

オイル交換の目安には、走行距離と期間があります。

早く到達した方を目安にして、オイル交換を行うものです。