アライメント調整で車の寿命は伸びるか

アライメントの調整も、エンジンオイルごとにチェックしています。

これが車の寿命に直接関係があるのかといえば、オイルほど顕著ではないと思います。

しかし走行距離が伸びればそれだけアライメントには狂いが生じます。

これは単にアライメントが狂ったということではなく、車体剛性の低下などが原因となっている場合が多いでしょう。

ただしそれほど顕著ではないんですよね。

チェックしてさほど狂いがなければ、タイヤの変更性と車の特性がバッチリ咬み合っているということでしょう。

26万キロも走っていれば、当然剛性は落ちます。

木を束ねければならない歌詞になってきているんですよね。

アライメントが来るたまま走行を続けると、何処かしらにストレスがかかってしまうことは必然でしょう。

なのでちゃんとアライメントのチェックもするのです。

ただしアライメントの調整に、独自の創意工夫とポリシーのようなものを持っている整備士でないと、かえっておかしくなっちゃうんですよね。

アライメントの調整とよく言うけれど

走ってみて調整ということを何度か繰り返してベストセッティングを探っていく作業になりますが、経験豊かであればそこの塩梅というのが上手にもなります。

たかだか機械任せの調整では、「アライメントを調整したら直進性が低下した」なんてことも起こりえます。

「ちゃんと微調整したの?」と言いたくなりますよね。

タイヤ交換の時などに「アライメントが狂うので」といって調整を進められることも多いかと思いますが、タイヤ交換程度でアライメントが狂うほどのことをしているでしょうか?していませんよ。

そんなので狂うなら、ブレーキを強めにかけただけで大狂いするでしょう。

そういう何気ない車に掛かる負荷というのは、案外大きな力なんですよ。

それに耐えられるようには出来ているんです。

それでも経年や走行距離が多くなれば、アライメントは狂ってくるのです。

そしてアライメントの狂いは他の負荷を教えてくれる情報でもありますし、それ以上不可を何処かに与えないということでもあります。

その結果車の寿命はまた伸びるということになるのです。

様々な要素があって、来るあの寿命は伸びてゆきます。

また「予防的なメンテ」ということに気を使うと、出費の大きなトラブルも起きにくくなるんですよ。

「頭金貯めて好きな車を買おう!」と今の車でもう少し我慢しようと思ってるのに、志半ばで「この車にその修理代は出せん」という故障に見舞われたくないですからね。