このようにしこのようにして後1回車検を。

このようにしてあと2年間で、頭金を貯めようと思っているわけですが、毎日乗るということも大切。

これはダンナの車の場合、通勤に使っているので心配はないのですが、もし乗らないでいる時間が長い人などは、その間に劣化するということももちろん、次に乗るときにエンジンオイル内の部品の油膜が無くなってしまっている時がありますよね。

そうなると潤滑できないということになるので、摩擦が激しくなってしまいます。

この消耗も劣化には影響します。

これをドライスタートといいます。

高性能なエンジンオイルを使うことで、ある程度は回避できますので、乗る機会が少ない人はエンジンオイルの性能に気配りをしておきましょう。

ちょこっと乗るというのもあまりよくない、乗らないのもよくないというならどうすればいいのよ!ということになりますが、ちょこっとしか乗らないで起こるストレスよりも、乗らないことで起こるストレスのほうが重大でしょう。

とにかく車は乗ってナンボです。

車は乗ることで老いを感じさせなくなるということもあるんですよ。

欲しい車・スバルXV

驚いてしまったのですが、スバルのデザインをカッコ悪いと思っている人が多いのですね。

なんでなのかなぁと不思議です。

スバルはどこから見てもスバルであって、それ以外の何者でもない。

スバルだからスバルのデザインなんですってば。

実は、ダンナの車とスバルと欧州車以外車の車種の違いが全くわからず、レンタカーなど借りると人の車の鍵穴に鍵を挿し込んで「その車違うよ!」とダンナに言われて初めて気がつくほどです。

私はひどすぎるとは思いますが、デザインの違いが一発で感じられる車って、いまでは珍しいと思います。

パッと見のかっこ良さや斬新な感じというのは、確かに無いかもしれませんね。

ただし走り続ける楽しさを教えてくれる車だと思います。

私は欧州車しかほとんど乗ってこなかったのですが、日本車で一番好きなのはスバルの車。

今まで乗らなかったのは、乗る機会がなかったからです。

今回だって実のところ、自分の車ではありませんよね。

家庭内でというか、夫婦間でプレゼン大会ですよ、ほんとに。

向こうが欲しい車が実に現実味のないことを言うので、助かりました。

いやいやいやいやGTRがステキって、そりゃ分かるけど、買えないでしょ!ってところですよ。

ちゃんと現実的な車のこと言ってね!というと、「別にスバルでいいんだよ」と言い出したってことです。